*だいすき*

だいすきな4匹のパピヨンファミリーのあんなことやこんなこと




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2
  1. スポンサー広告




今年もセラピー活動頑張ります! :: 2014/01/24(Fri)
今年最初のCAPP(Companion Animal Partnership Program)訪問活動のお伴はブランでした。

IMG_0982.jpg

この日の世田谷の施設は比較的お元気な方が多く、
ふれあいのプログラムをみなさんとっても楽しみにされてくださっています。

参加された利用者さんは30名ほど、犬は9頭。
スタンプ―、ボーダーコリー、日本犬MIX、トイプー、キャバリア、シーズー、Mダックス、ラサアプソMIX
そしてブランと、犬種もいろいろ。
いろんなわんこに会えるのは、私もとっても楽しみ。


どんな活動をしているかというと、

ホールに利用者さんが輪になって待っていてくださり、

*季節の歌を歌いながら入場(この日は小さい順)、
*一人づつ犬の自己紹介と一言(この日はどんなお正月だった?がテーマ)
*輪の中に入って行って、利用者さんとのふれあいタイム
*みんなでだるまさんが転んだゲーム
*代表で2頭がドッグダンスと芸を披露
*ふれあいタイム
*利用者さんの感想披露
*最後に並んで順番に一頭づつ名前を呼んでママの元へ呼び戻し

こんな流れで、45分ほど。

犬の状態を見て、途中で休ませたりするのは自由です。

ブランは、いろいろな方に抱っこされて、撫でられて、時には抱きしめられて、
一緒に写真を撮っていただいたり、
ビビりな部分が出ることもなく何をされても尻尾も下がることなく
何だか活動がとても楽しそうで、
生き生きしているようにさえ見えます。

以前犬を飼っていらしたという方も多くてお話もはずみます。
今日は、戦争中飼ってらしたシェパードを軍に引き渡したのが辛かったというお話や、
呑川(ウチの近くにも流れてます)で子供さんがよく捨て犬を拾ってきたというお話など、
興味深いお話を聞かせていただくことが出来ました。

まだ、私は自分の犬と目の前の利用者さんとでいっぱいいっぱいなので、
周りが見えない時があってそれが反省点。
ブランはよく頑張りました。


昨年の終わりの活動の時に撮った集合写真をいただきました。

IMG_4583.jpg

施設は違いますが、参加している子はほぼ一緒です。

この日はクリスマスが近かったので、みんなクリスマスっぽい衣装でファッションショー(笑)したりして
みなさんに楽しんでいただきました。

IMG_1853_201401241009409fb.jpg

この日の参加はクリス。
サンタさんの衣装を着たりして、頑張ったよ。


今年も、クリス&ブランと楽しく訪問活動を続けたいと思います。

IMG_4584.jpg

くぅちんもブランも元気で一緒に頼むよーっ!

追記:この日参加の獣医師さんのお話
犬にもノロウイルスにかかりますか?という質問が最近多いそうですが、
ご安心ください。
犬はノロウイルスはうつらない…そうです。


web拍手 by FC2
スポンサーサイト
  1. アニマルセラピー
  2. | comment:0




ブランの天職 :: 2013/12/23(Mon)
こちらをちょっぴりご無沙汰していた間に
クリスに続いて9月にセラピー犬デビューを果たしたブラン。

ちょいとビビりなところがあるので心配していましたが、
審査も無事クリア。


そして


IMG_6504.jpg


こーんな笑顔で参加しています。




ビビりな面よりも、

人に抱っこしてもらうことが好きな性格と、
ママと二人っきりで出かけていっぱい褒めてもらえることが単純に嬉しいようで
終始笑顔。


以外に小心者で気にしぃタイプのクリス(飼い主に似て^^;)は、おとなしくされるがままになっても、
カーミングシグナル出まくりで緊張しているのがわかりますが

ブランの方が、どんな方に抱きしめられても撫でられても平然としているので
私の方が感心してしまいました。



とはいえ、施設にはいろいろなタイプがあり、参加してくださる方も様々です。
思いもよらぬ行動がないとは言えず、自分の犬を守るのは自分自身。

たとえ短時間と言えども、独特の雰囲気の空間の中で、見知らぬ人に次々会って、
触られたり抱きしめられたり手を握られたり…というのは、
その場に慣れていない犬にとっては大変なストレスになるのは確かです。

常に状態に注意して、触れ合いの時間でも犬を休ませたりすることも大切。


参加しているグループには高齢の子も多いのですが、
何年も参加している子たちは、この仕事が生きがいのように生き生きとしている子もたくさんいます。
クリス&ブランも慌てて結果を求めずじっくり取り組んで、
この活動が好きになってシニア犬としても
生きる活力のひとつになってくれたらいいなぁと願っています。


一つの施設で大体2か月に一回のペースで活動があり、今は近隣の4つの施設にお邪魔しています。
獣医師の先生が同伴してくださる場合が多く、

12月最後の活動の時には

夏場はエアコンとか暑さ対策とかいろいろ気を遣うけれど、
実は夏より冬の方が室内外の気温差がずっと大きい。
例えば、夏場室内28度で外が35度でもその差は7度、冬に20度の部屋から5度の外に出たらその差は倍とのこと。
その為、冬は関節系や呼吸器系の疾患などが増えるそう。

確かに、温度差、言われてみればそうですよねー!

特に高齢の子は、温度差はこたえるので注意しましょうとのお話を伺い、
10歳・8歳のシニア犬2頭の我が家はしっかり気を配らないといけないと反省しました。



12月の活動ではフタリともこんなカッコで、みなさんに可愛がっていただきました~。

IMG_4323.jpg

ちょいと太目なところがピッタリでしょ、くぅちんサンタ(笑)




来年もフタリ元気で参加できますように。

IMG_5806.jpg



web拍手 by FC2
  1. アニマルセラピー
  2. | comment:0




アニマルセラピー初参加と反省点^^; :: 2013/07/15(Mon)
クリス、先日JAHAのアニマルセラピーに初めて参加してきました。

IMG_5065s.jpg



JAHAとは公益社団法人の日本動物病院福祉協会のこと。

動物病院を中心とした公益法人で、動物医療の充実のための継続教育、動物病院による地域社会の貢献、
アニマルセラピーの推進などが主な事業です。

でも、動物病院が必ずこの法人の会員かというとそうではなく、入っていないところの方が多いようです。
この動物病院の絡んだ法人についての仕組みはよくわかりませんが、ここが中心となっているアニマルセラピー活動に参加させていただいています。

アニマルセラピー活動をしている団体は、JAHAだけでなくいくつもありますが資格を取るのにお金がかかったりするところも多いみたい。



セラピー活動はCAPP(Companion Animai Partnership Program)の略で、
人と動物のふれあい活動と訳されています。


活動は

1*AAA(Animal Assisted Activity)動物介在活動
2*AAT(Animal Assisted Therapy)動物介在療法
3*AAE(Animal Assisted Education)動物介在教育

と、おおまかに3つに分けられます。


クリスが今回参加したのは1で、

動物と触れ合うことによる情緒的な安定、レクリエーション、QOLの向上などを主な目的とした活動で、
老人ホーム訪問などの一般的な活動はこれにあたります。

2は活動経験のある動物と参加し、病院などで医療従事者の主導で実施されるもの。
3は小学校などに動物と訪問し、正しい動物とのふれあい方や命の大切さを子供たちに学んでもらうためのプログラムです。

犬なしで、AAE活動の小学校にお邪魔したこともありますが、
これはこれでとても楽しかったので、こちらもいずれ参加したいと思っていますし、
経験を積んで、病院にもお邪魔させていただきたいと思っています。


JAHAの活動を始めようと思ったら、まず、講習会に参加(無料)
全国の訪問を実施している施設から、自分の行かれる範囲の施設を探して、まずは人間が見学。
その後犬同伴となりますが、参加するには健康診断・犬の適性のチェックを受けなくてはなりません。

施設によって形態がいろいろ(ディホームだったり、介護付き有料ホームだったりETC)なので、それぞれの施設をまずは人間が見学してからでないと犬は参加できません。


今回クリスは初参加ということで、
施設に早めに到着して、リーダーさん2人がかりでチェックを受けました。


基本的なしつけ(スワレ・フセ・マテ)などや他の犬とすれ違った時の様子、
他の飼い主と立ち止まって話をしている時の様子などのチェックです。


一応トレーニング効果?で、くぅちんは大変良い評価をいただきました。


ただ、実際の活動となると、見ず知らずの方に順繰りに撫でられたり時には抱きしめられたり、
何が起こるかわからないので、飼い主としてはその辺のコントロールがより重要となりますし、
自分の犬を守る、犬に少しでもストレスや不安があったら休ませる、などが何より大切です。


今回の施設は滞在型の施設。
ホールに重度の方からお元気な方まで30名弱が集まられていて、
その輪の中に入ってお一人おひとりとお話したり、真ん中で順番に芸を披露したり、みなさんと歌を歌ったり
と、そんな活動です。

暑かったので参加頭数が6頭と少なくて、ワンコは引っ張りだこ。


そんな中、

くぅちん、初めてながら 頑張りましたよーーー!



活動のあとの反省会で、チームリーダーさんから

*本人もその気はないし、クリスちゃんにとっても普通なのだろうけど、コメントの出し方がちょっときつく聞こえてしまう時がある。
特に高齢者さんなので気にされる方もいるので、犬にももう少し優しく声かけしてください。
(トレーニングモードがつい出てしまうんですな)

*クリスちゃんはとってもお利口な子なので、ママはそれが当たり前になっているのかもしれないけれど、
もっともっと褒めてあげてください。
私たちから見ると、クリスちゃんはとっても頑張っている。
ちいさなことでもきちんと褒めて、活動がより楽しく感じるようにしてあげて欲しい。
頑張っちゃうタイプの子のようなので、頑張りすぎないようママがよく見てあげてください。

と、あまりに的確なコメントをいただきました。


トレーニングでもそうだけど、H先生時代から褒めるのが下手な私。

S先生にもご指摘あり、今回また第3者から言われて、ホントにそうなんだな~と再確認。


もっともっと犬をよく見て、褒めてあげないとなーとおおいに反省しました。





実は昨年ワンコ同伴の手前で私が中断していた間に、あるご近所わんこも同じように勉強を始め
昨年末から活動に参加していたことがわかりました。

IMG_0340s.jpg


ラサアプソ×チワプーの良いとこどりMIXのTAFFYちゃん。
お散歩で会うと飛んできてくれる、人も犬もだいすきなとってもなつっこい可愛い子。

ご近所さんに先輩がいるのも頼もしい~。
駅から遠い施設は彼女は車で参加なので、ご一緒させていただけるし^^
ますます活動が楽しみになりました。


真夏の間は活動は休止です。

秋からはブランも活動参加予定。



一つでも笑顔を届けられるよう、みんなでガンバローね。




web拍手 by FC2
  1. アニマルセラピー




始動 アニマルセラピー :: 2013/06/18(Tue)
2歳と3か月で出産したクリスの出産前。。。

ミントとクリスはアニマルセラピーのお手伝いをしていたことがありました。

大きな動物病院の近くの老人ホームに、月一回そちらの動物病院のスタッフと一緒に訪問していました。
いつも笑顔で迎えてくれる皆さんに癒され楽しい時間を過ごし、
穏やかなミントは寝たきりの方の部屋で静かに添い寝する。。。そんなお仕事もありました。

出産後、ずっとご無沙汰していましたが、

どんな人、どんな犬にあっても冷静に自分の位置を見極め、
どんな状況、どんな場所にいても精神が安定していていつも同じで変わることのないチップの性格から、
いつかチップと一緒に
アニマルセラピーに復帰して一歩進んで小児ホスピスなども訪問できるようになりたいと考えていました。

私は小学校の時、2度入院していて、ベッドには犬や猫のぬいぐるみがいっぱい。
痛い注射の時、淋しい夜、いつもぬいぐるみを抱きしめて我慢したのを昨日のことのように覚えています。
犬が飼いたくても飼えなかったのもこの頃で、
なので、淋しい思いをしている子供たちと少しでも笑顔の時間を共有できたらというのが私の想いの原点です。

あの悪夢のような別れがなかったら、
チップはきっと今頃はトレチャンも完成して、セラピーに活躍していたかもしれません。

chip_20130618120029.jpg


昨年、チップがいなくなって引き籠ってばかりじゃいけないと思って
JAHA(日本動物病院福祉協会)の講習を受けて、アニマルセラピーの勉強を1からやり直そうと思って、
まずは犬なしで、
動物介在活動(施設など)や動物介在教育(主に小学校)の見学やお手伝いに行っていましたが、
活動の自己紹介である日、不覚にもチップを思い出して涙が止まらなくなりました。

以来、お手伝いも中断していました。

活動に参加してらっしゃる方は、本当に犬を大切思っていらっしゃる方が多く
保護犬を引き取っている方、愛犬を亡くしていらっしゃる方も多いので、
私の気持ちをよく理解してくださり、温かい言葉もかけていただきました。

自分の気持ちと向き合いきちんと壁を越えられたら
その時はこの活動にしっかりと参加させていただこうと思っていました。

でね、

今月からまたお手伝い再開しました。

昨年一度会ったきりでも、覚えていてくださる方もいてありがたいことです。

ブランもおサボりばっかり^^;のしつけ教室でも、少しづつ自信をつけて来ているし
クリスもトレーニングのおかげか歳のせいか(笑)だいぶ落ち着いて来たので
とりあえずフタリとも少しづつ参加させていきたいと考えています。


くぅちん&ぶーちん


先日のお手伝いで伺った施設で、
ほとんど身体の自由がきかない方が、一生懸命手を伸ばして犬を撫でている姿に胸が熱くなりました。
顔の表情もあまり変わることがないのですが、撫でている時は明らかに嬉しそうにしているのが
回りのものには伝わるのです。
こちらの方が癒され、あたたかい気持ちにさせて頂いて帰ってきました。

暑い夏の間は活動もお休みになりますが、
少しづつこちらでも活動の様子やアニマルセラピーについてご報告できたらと思います^^

蒸し暑い日が続いて、わんこにとっては辛い季節ですが、みなさまのわんこたち体調はいかがですか?
くぅちん&ぶらんは今の所食欲も落ちることもなく元気にしています。

みんな元気でこの季節を乗り越えられますように。。。









web拍手 by FC2
  1. アニマルセラピー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。