*だいすき*

だいすきな4匹のパピヨンファミリーのあんなことやこんなこと




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2
  1. スポンサー広告




歯科検診へ :: 2013/02/06(Wed)
2月4日の月曜日

それぞれ前回の検診から
ブランは1か月、クリスは3か月 ということで

歯科検診に行って来ました。


DSCF0782.jpg


おフタリさんとも、どーも苦手なようです。


DSCF0783.jpg



特にブランは、抜歯の時に何とか残していただいた要注意の歯があり。。。


DSCF0784.jpg


ドキドキの検診でした。


「うん、なかなかいい状態です。

思っていたより、いい状態が保ててますよ!」


わぁ、初めて褒められた~。

と思ったら、


「t/d効果、いいじゃないですか」   (t/dについてはこちらから→


え、そっちかい^^;





先生には、

「はーい、t/dで頑張ってますよ~」とお返事しました^m^が

オヤツ禁止なブランもときどきもらってるし、

t/dだけでなく、ランフリーや生肉のトッピングありでの結果なので、嬉しかったです^^



でも、年末からの一か月、

このおサボり得意な私が、一日も休まず(って普通当たり前か^^;)歯磨き頑張りました。

ビビりのブランも歯磨きタイムはあきらめて、呼ばれると膝の上に来てスタンバイするようになりました。


DSCF0786.jpg


これからも、歯磨きしっかりガンバローね。



>>続きを読む

web拍手 by FC2
スポンサーサイト
  1. けんこう
  2. | comment:0




くぅちんのダイエット&ブランの歯とごはんの関係 :: 2013/01/18(Fri)
あまりの突然の大雪に横道にそれました^^が
さて、くぅちんのダイエットの後半です。

そもそもなぜダイエットだったかというと、
歯の調子が悪くて歯科で評判の良い獣医さんに診ていただいたところ、
初期の歯周病ということで、全身麻酔で歯石取りと抜歯。
その後、とりあえず次の検診まで食事は手作りでなくドライフードでと言われ、
ひさびさにドライフードを与えたら、短期間で急に体重が増えてしまったからでした。

元はと言えば、女子組は歯が丈夫だと私が過信していたことが大きな間違いでした。

今から2年前の1月。
ちょうどミントの具合の悪くなった頃、近所の病院でクリスの歯石取りの予約をしていました。
クリスが終わったらブランも予約お願いしますねと、先生とお話していましたが、
ミントが急に入院ということになり、予約をキャンセル。

そして、その後気になってはいながらも2年近くほったらかしてしまったのです。

あの時、フタリとも歯石取りをしていたなら、このような事態にはなっていなかったはず。




IMG_2047-s.jpg

くぅちんが落ち着いて、さてブランも予約をと10月初めにお願いしたところ、
麻酔をかけての歯石取りはなんと2か月以上待ち。。。!

ようやく12月中旬にやっていただいたところ、レントゲンの段階でビックリしたとおり
ブランの歯周病はクリスより進んでいて、なんと10本近くの抜歯となりました。

先生としては、まだ抜いておきたい歯もあったようですが、
頑張って歯磨きするので、残せる可能性のあるものは残したい!と先生に頼み込んで、この結果。

かなーりショックでした(涙)

ブランはまだ7歳だし、歯は丈夫だと思っていたので歯石を取れば綺麗になると単純に考えていたのです。



くぅちんの時以上に、手作り禁止。

ドライも、療養食を勧められました。


そのフードが、こちら

IMG_1562-s.jpg



小型犬用の小粒・・・と聞いていたのでそのつもりでネットで取り寄せたけど、

IMG_1097-s.jpg

はっきり言って、デカいです。(ボケちゃったけど一番左がt/d)


デカいけど軽くてスカスカな感じ。
このフードのどこが歯に良いのかよくわかりませんが、

IMG_5262-s.jpg

こういうことらしいです。


ブランは思っていたより症状が悪かったため、取り寄せましたが
あまりの大きさとどう見ても美味しそうには見えないので、
嫌がったら今までどおりで様子見かな と思っていたら、
さすが食いしん坊なお嬢さま。

ガツガツ大喜びで食べました。
大きいので呑み込めないから、しっかり噛んで食べるので良いみたいです。

でも、なんだかこれだけというのも可哀そうで^^;

こちらや
IMG_0236-s.jpg
(フード写真真ん中)


こちら(ランフリーのフードはまだ他にも美味しそうなのがいろいろあり何種類か取り寄せています)も
IMG_9338-s.jpg
(フード写真右)


ブレンドして与えたりしています。


くぅちんは、前回の記事通り上記2種のドライ+生食+お野菜ペーストで体重も落ち着いていましたが
(ブランも歯石を取る前まではコレでしたが、今はt/dメイン+ドライのみ、たまに生食トッピング)

先生に歯石が付きやすい子だと言われているので、
せっかくなのでt/dも与えてみることにしました。

フルコース(笑)はこんな感じ

IMG_9712-s.jpg

t/d・ネイチャーズロジック・生肉・お野菜ペースト


でも、こうなってくると配分が難しくて、

ここ2か月3.9キロで安定していた体重が
今年になって実は4キロ~4.1キロの間をウロウロ。

年齢と共に体重の重いのは足腰にも負担がかかるしなんとか上限4キロまでで押さえたい所です。


ブランとクリス、どうしてブランだけt/dメインかというと、

同様に歯周病ですが、ブランの方が思ったよりひどくて
残していただいた歯も人間なら虫歯で穴が開いているような歯もあるので、
穴に詰まりそうなものは極力(おやつも含め)与えないようにしています。


おかげでせっかくの生食(プライムケイズのもの)や

IMG_1528-s.jpg

手作りのお野菜ペーストもあまり気味。


お腹の弱かった男子チームと違って、

何でも食べるしお腹も丈夫な女子チームなのに、まさか歯であれこれご飯を見直すことになるなんて。。。

でもね、だからと言ってこれ以外は絶対NOとかってかたくなに思っているわけではないし、

たまには(お誕生日とかね)ドライ以外の美味しいものも食べさせてあげたいって思ってます。



ワンコごはんの悩みは何年たっても尽きないものですね。



年末最後のお出かけが28日最終日の病院でした。

IMG_8051-s.jpg

最終日で大混雑覚悟で行ったら、ガーラガラ。
この病院、すっごく混んでいる時もあれば、だあれもいない時もあったりで、なかなか読めない^^;

今月も検診だし、しばらくは歯の病院通いが続きそうです。



みなさま、くれぐれも歯は大切に!


特にパピヨンは、顔が小さい→顎の骨が小さい、で顎自体それほど丈夫ではないようで歯の弱い子が多いようです。
心配だなぁと思ったら、早め早めに診ていただくことをおススメいたします。

 

web拍手 by FC2
  1. けんこう
  2. | comment:8




くぅちんのダイエット その後 :: 2013/01/13(Sun)
昨年の8月終わり、

前代未聞の4.5キロまで増えてしまったくぅちんの体重 → 

あれから、みなさまのアドバイスどおりご飯を少な目に見直して・・・


じゃじゃーーーん


IMG_1882-s.jpg

ダイエット成功です!(同時期始めた飼い主の方は全くもってかわりませんが^^;)



約2か月半~3か月くらいで、ほぼ思っていたような体重まで下がりました。

IMG_7412-ss.jpg


適度な運動と食事の管理って大切ですね。



食事は

ドライが苦手だったチップは手作り食中心、
ガンにかかったミントも手作り食推奨の先生に相談してベストな手作り食。。。
好き嫌いなく何でも秒殺の女子組もそれに伴い御相伴に預かってきましたが、
手作り中心のご飯は一時中断(一時となるか永遠となるかは未定^^;)

歯でお世話になっている先生のお話も踏まえ(歯科ではドライのみを推奨)、
お肉好きなくぅちんの好みも加えつつ、

IMG_7564-s.jpg

ランフリーの低カロリードライ、生肉、お野菜ペーストが中心のご飯です。



普段の生活ではほとんどオヤツはあげませんが、

トレーニングの時に使用するジャーキーも

IMG_8174-s.jpg

測ってみると意外とあるので、オヤツを使って練習をした日はその分少しご飯を減らしたりもしました。



私としてはランフリーのドライ()は、食材にこだわって手作り食をそのままドライにしたようなモノで、
とても気に入っているのですが、
人間が食べても食べられちゃうくらいなおせんべっぽい感じ。

歯でお世話になっている先生は、高いものほどドライでも歯に付きやすいとか^^;
ランフリーはドライとしてあまりお勧めしないとのこと。

歯の病院の帰りには良く立ち寄って相談するブルーさん →  で、

おススメのドライ →  (こちらはお肉中心のドライでカロリー高め)と併用したりして

一応体重キープをしています。




ところが、

せっかく落ち着いたご飯をまたまた見直す事態が。。。つづく^^;







web拍手 by FC2
  1. けんこう
  2. | comment:2




歯磨き7つ道具 :: 2012/08/24(Fri)
さて、歯科に行った話がすっかりフードとダイエットにすり替わった前回でしたが、

我が家の歯磨き7つ道具はこんなでした。(←え、6つじゃんって指摘はなしでー^^)

IMG_5748.jpg
過去形なのは、歯の弱かったチップが使っていたものだからです。

以前は子供用のタンポポ歯ブラシ(歯にあたる面が円になっているもの)を使用。
その後ワンコ用が出来たのでこちら(黄色のもの)を使用。
でも、チップがかかっていた犬の歯科ではこのタイプは小型犬には大きく、歯の面にあたっているようで意外と磨けていないとのこと。

歯ブラシ


その後は子供用の歯ブラシを使用。
子供用は乳児用~幼児用など、成長に合わせてブラシの大きさや固さも選べるので便利です。

チップは歯が弱かったので、ピジョンの乳児用のブラシの柔らかめのものを使用。
また、歯の間にモノが挟まりやすかったので、
ヘッドが曲がっているモノ(これは前歯を磨くのにとても便利です)や
間に詰まったものをかきだす細いもの(上の写真のブルーのもの)も合わせて使っていました。

この時の先生は、とにかく歯石が付くというのは食べ物のカスがたまるというのではなく、
唾液中の成分(糖たんぱく質)のネバネバが歯の表面に薄い膜を作り、その膜に細菌がついて増えてプラークを作ることが原因だとおっしゃっていました。
歯にこのプラークが残ったままだと唾液中のミネラルを吸収して歯石となるのです。

なので、とにかく一番大切なのは磨くという行為にこだわるよりも、ネバネバを取ってやるということ。
そのためには、歯磨きの嫌いな子なら、飼い主の着古したTシャツとかを小さく切って、それを水に浸して歯の表面を全体的にふいてやるだけでも(やらないよりはずっと)効果があるとおっしゃっていました。

と、知りつつ、女子組の歯磨きはすっかりおざなりにしたワタシ。ひたすら反省。

ミンくんとぷっちょんはピッカピカの歯でお空に行きましたよー。
って、あんまりありがたくもなかったか^^;


今のクリスの先生は、あまり柔らかいブラシよりもある程度の硬さのあった方が良いという考えです。

確かに硬さのあった方が、歯石取れてるかも…感はありますが、やり方やブラシは、それぞれの子に合わせて考えてあげたらいいと思います。

クリスのフルコース

IMG_7659.jpg

上から マウスウォッシャー、歯磨きペースト(これは使わなくても可)、デンタルジェル

IMG_7660.jpg

ブラシは手前が幼児用(乳児用よりやや硬め)の歯磨き用。
奥のヘッドが小さくて毛先の長いものは、歯周病のところにポイントを絞って歯と歯茎の間に刷り込むようにジェルを塗りこむためのブラシ。

あんなに歯磨き大っ嫌いだったクリスも、習慣化してきたのでいやいやながら毎晩やらせるようになりました。
頑張ろうねー。


ぶぅちん、日曜日に一週間のお泊りから帰ってきました。
送ってくれた姪っ子たちが帰る時、アタシも帰るぅ♪っていそいそと姪っ子(小6)の後を。。。おいおい。
姪っ子の何人ものお友達にもいっぱい遊んでもらったようで楽しい時間をありがとうね。
こういう時間は、きっとアニマルセラピーの動物介在教育(小学校を訪問します)の中でも生きてくると思います。


IMG_7652.jpg

洋服嫌いがお耳にしっかりあらわれちゃったぶぅちんと、赤ちゃんスマイルの9歳の熟女くぅちん。

IMG_7654.jpg

似合うかな~~~^^




web拍手 by FC2
  1. けんこう
  2. | trackback:0
  3. | comment:4




ドライフードって太るの? :: 2012/08/23(Thu)
我が家のワンコの食生活、長いこと手作り食が基本でした。

が、

くぅちんが歯周病でかかった病院から、手作り食禁止令(というのは、ちとオーバーだけども^^;)が出てから
メインがドライフードとなっております。


5月初めに前歯が抜けて、ぐらぐらの歯もある状態で、歯科の評判のいい動物病院にかかって
(その時の記事はこちら→
歯槽膿漏と初期の歯周病との診断をされました。

6月中旬に麻酔をかけて抜歯、及び歯石除去とポリッシングとルートプレーニングをしていただきました。
その時に、一週間後に様子を見せに来るようにと言われ、飲み薬や塗り薬をいただいてきましたが、
その間食事は手作り食やおやつなどは禁止でドライフードのみ というお達しをいただきました。

病院の帰り(もう7時近かった)にとりあえず晩ご飯のドライをと、近くのペットショップで
パピヨンの絵のあったロイヤルカナンとやらを購入。


ひさびさのドライ、こんなに油っぽかったっけ?と思いながらも、食いしん坊女子は大喜びで完食。

量も最小から最高の真ん中以下に設定して、オヤツも一切与えず一週間。

一週間後の病院での歯の結果は良好。

ですが、たった一週間で、200gも太っておりました(涙)

ハタと気がついたら
9歳のくぅちんに、普通の成犬用のドライフードを与えちゃってたんですーーー(汗)


次回は一か月後と言われて、太ったので手作りに戻してもいいかと聞いたら、出来ればドライでと言われ
まずは歯周病を良くするのが先かと、しばらくはドライ生活の決断をしました。

今度は病院の帰りに、サイエンスダイエットの7歳以上というのを買ってきて、少なめの量で与えること1か月。


どよよーーーん。


8月初めに再診したら、
今度は一か月でさらに200g増え、史上最大の4,4~4,5キロという、おデブ犬となってしまったくぅちん。
(出産前は3.2キロ、現在のベストは3.8キロくらい←たぶん。。。)

年齢的に代謝が落ちているのに加えて、この暑さで運動量は減るし動かないのでさらに代謝は落ち、
そこに急に吸収の良いドライにかえたのが思いっきり裏目に出てしまいました。

体重だけでもショックなのに、1か月検診では、
クリスは歯石のつきやすいタイプで、
特に両方の奥歯の欠けている(硬いもの→ヒズメなどをかじったせいでしょうとのこと)部分が付きやすい。
出来れば、フードもこのままドライで、歯磨きもキチンとするようにとのお話。

結局、手作り食のお許しは出ませんでした。
やはりどうしても手作りの方が歯石はつきやすいようです。

私も、あれこれ考えて、ミントやチップが体調が悪くなった時に
その子に身体に合わせて調合したドライを作ってくれるところがあったなぁ(こちら→)と、

今はこのランフリーの中のライトタイプのフードに切り替えています。

市販のフード特有の油っぽさはなく、サラッとしてしいて言えば味気のないおせんべみたいな感じのフードです。
(ブランは実はこれがあまり好きでなく、ロイヤルカナンが一番食いつきヨシ。好みってあるんだと初めて実感)


ライトタイプでもあまり体重の変化が見られないので、
さらに、ドライの量を減らして、減らした分今度は生肉とお野菜ペースト少々を混ぜて与えています。


現在の食事はこんな感じ

ご飯ドライと生の
生肉、野菜ペースト解凍前→混ぜたもの

それでも、一度増えてしまった体重はなかなか元には戻りません。
体重管理って難しいですね。

もうしばらく心を鬼にして少な目フードで我慢してもらおうと思います。

ドライに慣れている方々はどんなドライをどれくらいの量与えているのでしょう?
やっぱり量は少なめなのかな?
太ったりはしないのかな?

ダイエットにいいドライとか、ドライの与え方のコツとかありましたら
コメントかメールで教えていただけたら嬉しいです。

(ke-i☆e01.itscom.net)
お手数ですが、☆を@に替えてお願いします。



web拍手 by FC2
  1. けんこう
  2. | trackback:0
  3. | comment:4




新しい病院へ :: 2012/06/19(Tue)
小型犬は顎が小さく、歯も十分に成長できなかったり、狭い所に無理に生えたりして歯の弱い子が多いですよね。

ミントとチップの男子組も歯が弱くて、実は犬の歯医者さんにかかっていました。
他の診療は一切しない歯科専門病院で、O先生は動物病院の先生方の先生で、本当は2次診療(病院からの紹介があった場合のみ)しか受け付けないそうなのですが、
ひょんなことから直接診ていただいていて、ミントもチップも先生に大変可愛がっていただいていました。

男子組はこんなでしたから、歯磨きも頑張っていたし、あれこれ気を使っていました。

が、ガッツリしっかり、丈夫な歯の女子組は、
ついつい、油断してしまってたんですねー。

特に、ミントの闘病中くらいから、すっかり、ほぼほったらかし状態。

ミントが入院騒ぎだった頃、地元の病院でちょうどクリスの歯石取りの予約をしてあったのですがキャンセル。
再予約をすることなくそのまま時間が過ぎてしまいました。
その頃は歯石がたまっている以外は特になんともない(と思っていた)歯、ちょっとぐらつくかなと思ったこともありましたが、
この一年半近く、歯磨きも大分サボったおかげで、ハッと気が付いた時には。。。


前歯がないーーーっ!


という事態に、なっていたのです(TT)



O先生に無理に予約を入れていただくほどでもないようなので、
歯科治療で評判のいい

こちら→にしようか

こちら→で見ていただこうか

調べてみたら最近こんな歯科専門病院→も出来たそうで、あれこれ考えましたが

結局一番近い駒沢公園近くの病院に行くことにしました。

結果・・・歯槽膿漏、歯周病初期。

他にも抜歯が必要との診断でした。

初診は先月でしたが、やはり歯科の予約はかなり混んでいて、一か月以上待って昨日がその日。

最近の麻酔はとても安全になったとは聞くけど、やっぱり麻酔をかけて処置をしていただくことは
飼い主にとっては心配なものです。

例のペンダントつけて、くぅちん抱きしめて病院へ向かいました。



術前検査も問題なく、予定通り行われて、
迎えに行ったくぅちんはぴょんぴょん跳ねて元気そのもの。

麻酔の覚めも早く、覚めたらとたんに元気になりましたよー。と、看護婦さんに言われました。
ミントとチップが守ってくれたのかな。

院長先生は、穏やかで説明も丁寧でわかりやすく、お任せできる先生と感じました。

一週間後に再度診ていただくまでは、
カリカリのドライフードのみ、手作りご飯やオヤツ禁止令が出ました。

食いしん坊くぅちんには、これはちと辛いねぇ。



え、え、ナニナニ くぅちんの歯、見たいって?

飼い主のおサボりをわざわざ公開するみたいで恥ずかしいー。



でも自分への戒めの意味も込めて。。。

IMG_7442.jpg

くぅちんの前歯はこんなです。。。(涙)

奥の磨ききれない歯で、残して置いても悪くなると考えられる歯も抜歯しました。




先生いわく、歯周病と言っても初期で、他はおおむねしっかりしている。
この歳でもっとひどい子はいくらでもいますよ。ということでした。

でも、やっぱりこの歯を見ると、油断してサボった自分、反省です。

最近、くぅちんの舌チロ写真が多いのは、こんな事情もあったの。。。



どうぞみなさんも歯の健康にはくれぐれもお気を付け下さいね。



くぅちんごめんね。

これからは、今まで以上にくぅちんのすべての健康に気を付けまーす。

IMG_7445.jpg

はーい、ママ、頼むよ! 


な、くぅちんでした^^





web拍手 by FC2
  1. けんこう




ガンバレぽにゃぽにゃ君 :: 2011/12/26(Mon)
チップの
ぽにゃぽにゃくんです^^

chip1.jpg



目で見えるようにうまく撮れないんだけど...
ぽにゃ~っと生えている新しい毛、わかりますか?

IMG_6095.jpg

何とか頑張ってくれてます。


以下はチップの病院の覚えがきです。

>>続きを読む

web拍手 by FC2
  1. けんこう
  2. | trackback:0
  3. | comment:6



次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。